オーラソーマ

オーラソーマは、選んだカラーの組み合わせから、セラピーをしていくわけですが、あだ単純に選んだカラーボトルの組み合わせからアドバイスをするわけではないようです。

たしかに、オーラソーマは体型付けられたところもあるのでしょうが、オーラソーマをする人の才能にかかってくる要素も大きいようです。

オーラソーマは、単純な占いごときではなく、スピリチュアル的に深いものを感じます。

もっとオーラソーマを勉強してみたいと思っているところです。


オーラソーマのカラーボトル

オーラソーマは、美しいカラーボトルを使って、選んだカラーの組み合わせから、魂の使命、精神状態、現在、未来などをリーディングしていくものです。

オーラソーマのからボトルは、基本の14色のうち2色を組み合わせることでできていて、全部で104種類になります。

また、カラーボトルは美しい上下の2色に分かれていますが、それぞれに意味を持っています。

自分で選ぶ、4本のボトルも意味を持っています。

何を、どの順番で選ぶかで、リーディングを行ってゆくのです。


オーラソーマってなに

オーラソーマは、104種類の美しいカラーボトルから、最も惹かれるボトルを4本選び、選んだカラーの組み合わせから、魂の使命、精神状態、現在、未来などをリーディングしていくのがオーラソーマなのです。

オーラソーマが“魂のセラピー”とも言われるのは、自分でボトルを選んで、それを使って自分自身でセラピーするため、“自分で選んで自分で癒すシステム”だからです。

オーラソーマの誕生

1984年にイギリス人のヴィッキー・ウォールさんが、夢で聞いたお父さんからの「行って水を分けなさい、我が子よ」という導きにより作り出したのが「イクイリブリアム(カラーボトル)」なのです。

この不思議な導きで作り出されたオーラソーマのカラーボトルは104種類。

オーラソーマの基本の14色のうち、2色を組み合わせることでできています。


■カラーボトルの意味
オーラソーマで特徴的なのはカラーボトル。

カラーボトルは美しい上下の2色に分かれていますが、それぞれに意味を持っています。

自分で選ぶ、4本のボトルも意味を持っています。

 1本目:魂のボトル
  その人の本質や人生の目的を表します。

 2本目:ギフトとチャレンジのボトル
  まだ、自分の中で受け入れるのが難しい人生においてのチャレンジと、
  チャレンジした後に受け取ることのできるギフトを表しています。

 3本目:現在のボトル
  今どのようにやっているかという現在の自分を表します。

 4本目:未来のボトル
  2本目のボトルが表すメッセージにチャレンジをし、
  ギフトを受け取った後にやってくる未来を表します。

オーラソーマを学ぼう

選んだ4本のカラーボトルをもとに、ヒーリングを行ってゆきます。

その他、オーラソーマハンドトリートメントや、オーラトリートメント等、いろんなヒーリング方法もあります。

興味をもたれたら、オクが深いオーラソーマの世界を学ばれるのも良いと思います。